図とイラストだからわかるサルコペニア・フレイル

  • 編集遠藤 直人 新潟大学大学院医歯学総合研究科機能再建医学講座整形外科学分野 教授
  • 執筆者(執筆順)荒井 秀典 国立長寿医療研究センター 理事長 小川 純人 東京大学大学院医学系研究科生殖・発達・加齢医学専攻加齢医学講座 准教授 西本 祥仁 慶應義塾大学医学部百寿研究センター 特任助教 新井 康通 慶應義塾大学医学部百寿研究センター 講師 佐久間真由美 新潟医療福祉大学リハビリテーション学部理学療法学科 准教授 遠藤 直人 新潟大学大学院医歯学総合研究科機能再建医学講座整形外科学分野 教授 青木 可奈 新潟西蒲メディカルセンター病院リハビリテーション 部長 吉村 典子 東京大学医学部附属病院22 世紀医療センターロコモ予防学講座 特任教授 小野寺 理 新潟大学脳研究所臨床神経科学部門神経内科学分野 教授 今井 教雄 新潟大学大学院医歯学総合研究科地域医療長寿学講座 特任准教授 高橋  競 東京大学高齢社会総合研究機構 特任研究員 飯島 勝矢 東京大学高齢社会総合研究機構 教授 梅垣 宏行 名古屋大学大学院医学系研究科地域在宅医療学・老年科学 准教授 葛谷 雅文 名古屋大学大学院医学系研究科地域在宅医療学・老年科学 教授 佐竹 昭介 国立長寿医療研究センター老年内科 医長, 同フレイル研究部 フレイル予防医学研究室長 小山  諭 新潟大学大学院保健学研究科看護学専攻 教授 川合 弘一 新潟県立新発田病院 診療部長 寺井 崇二 新潟大学大学院医歯学総合研究科消化器内科学分野 教授 小幡 裕明 恒仁会新潟南病院内科・リハビリテーション科 部長 和泉  徹 恒仁会新潟南病院 統括顧問 石井好二郎 同志社大学スポーツ健康科学部 教授 佐藤 弘恵 新潟大学保健管理センター・新潟大学医歯学総合病院腎・膠原病内科 講師 鈴木 芳樹 新潟大学保健管理センター 教授・所長 井上  誠 新潟大学大学院医歯学総合研究科摂食嚥下リハビリテーション学分野 教授 若林 秀隆 横浜市立大学附属市民総合医療センターリハビリテーション科 准教授 吉村 芳弘 熊本リハビリテーション病院リハビリテーション科 副部長 大江 隆史 NTT 東日本関東病院 院長補佐(手術部長),整形外科部長 竹下 克志 自治医科大学医学部整形外科学講座 教授 松本 守雄 慶應義塾大学医学部整形外科学教室 教授 藤田 順之 慶應義塾大学医学部整形外科学教室 講師 河野 博隆 帝京大学医学部整形外科学講座 主任教授
  • ISBN978-4-9910927-4-9
  • 発行年月2019年11月
  • 価格4,800円+税
  • 判型A4
  • ページ数112頁

はじめに

現在のわが国は(超)高齢者社会であり,高齢者が日常生活を送るうえで要介護や寝たきりの状態に至る際には本人の生活の質の低下とともに,家庭や地域の周囲の方々にとって大きな負担になります。わが国における高齢者は今後も増加が予測されており,国,地域,自治体をあげて喫緊の課題として健康寿命の延伸,自立維持への取り組みを行っております。 フレイルは2014 年日本老年医学会より提唱され,高齢期に生理的予備能が低下することで,ストレスに対する脆弱性が亢進し,生活機能障害,要介護状態,死亡などの転帰に陥りやすい状態と定義されており,健常な状態と要介護状態の中間的な段階と位置づけております。フレイルには身体的フレイル,精神・認知的フレイル,社会的フレイルがあります。 サルコペニアは「転倒,骨折,身体機能低下,死亡などの負のアウトカムの危険が高まった進行性かつ全身性の骨格筋疾患である」(2018 年 欧州ワーキンググループ),ロコモティブシンドローム(ロコモ)は2007 年に日本整形外科学会が提唱をしたもので「運動器の障害により要介護に至る危険性の高い状態,あるいは要介護状態に至った状態」を示すものでまさに「移動機能の低下」であり,軽度の運動機能の低下状態から骨粗鬆症,腰部脊柱管狭窄症,変形性関節症,サルコペニアなどの病的状態までを包含しています。概念として身体的なフレイルは回復が期待できる(可逆性)状態であり,ロコモは可逆性から不可逆な状態までを含んでいるものです。 フレイル,ロコモ,サルコペニアのこの三者は決して別個なものではなく,いずれも「寝たきりゼロ,健康寿命延伸」を目指しております。トイレに1人でいくことができるなど,移動能力を維持しておくことは自立を維持するためは根幹となるべき要件であり,そのためには足腰をしっかり丈夫に維持することが大切です。 本書ではこの分野の専門の先生方に執筆いただいております。最新の知見を学び,「要介護ゼロ,寝たきりゼロを目指して」,それぞれの場で生かしていただければ,たいへん嬉しいことです。 2019年11月

遠藤 直人

目次