生物学的製剤適正使用ガイド 正しく使いたい生物学的製剤の基本

    • 編者 藤尾 圭志東京大学大学院医学系研究科内科学専攻アレルギー・リウマチ学教授
  • 執筆者(執筆順) 藤尾 圭志東京大学大学院医学系研究科内科学専攻アレルギー・リウマチ学教授 中山田真吾産業医科大学医学部第1内科学講座准教授 田中 良哉産業医科大学医学部第1内科学講座教授 冨田 哲也大阪大学大学院医学系研究科運動器バイオマテリアル学寄附講座准教授 辻  成佳国立病院機構大阪南医療センター・臨床研究部免疫異常疾患研究室医長 藤本  学大阪大学大学院医学系研究科皮膚科学教授 久松 理一杏林大学医学部消化器内科学教授 山口 正雄帝京大学ちば総合医療センター第三内科(呼吸器)教授 庄田 宏文東京大学医学部附属病院アレルギー・リウマチ内科講師 門野 夕峰埼玉医科大学医学部整形外科教授 浅野 善英東京大学大学院医学系研究科・医学部皮膚科学准教授 岳野 光洋日本医科大学武蔵小杉病院リウマチ膠原病内科病院教授 市川 将隆慶応義塾大学医学部内科学(消化器)助教 三上 洋平慶応義塾大学医学部内科学(消化器)専任講師 中本 伸宏慶応義塾大学医学部内科学(消化器)准教授 金井 隆典慶応義塾大学医学部内科学(消化器)教授 蕪城 俊克自治医科大学附属さいたま医療センター眼科教授 亀田 秀人東邦大学医学部内科学講座膠原病学分野教授 金子 祐子慶応義塾大学医学部リウマチ・膠原病内科准教授 住吉 玲美長崎大学病院臨床研究センター助教/長崎大学大学院医歯薬学総合研究科先進予防医学共同専攻リウマチ膠原病内科学分野 古賀智裕次長崎大学大学院医歯薬学総合研究科分子標的医学研究センター助教/長崎大学大学院医歯薬学総合研究科先進予防医学共同専攻リウマチ膠原病内科学分野 川上  純長崎大学大学院医歯薬学総合研究科先進予防医学共同専攻リウマチ膠原病内科学分野教授 中岡 良和国立循環器病研究センター研究所血管生理学部 部長 田村 直人順天堂大学医学部膠原病内科教授 多田 弥生帝京大学医学部皮膚科学講座主任教授 大久保ゆかり東京医科大学皮膚科学分野教授 岸本 暢漿杏林大学医学部腎臓・リウマチ膠原病内科准教授 村手健太郎名古屋大学大学院医学系研究科病態内科学講座消化器内科学 中村 正直名古屋大学大学院医学系研究科病態内科学講座消化器内科学講師 藤城 光弘名古屋大学大学院医学系研究科病態内科学講座消化器内科学教授 松本  功筑波大学医学医療系膠原病リウマチアレルギー内科准教授 駒形 嘉紀杏林大学医学部腎臓・リウマチ膠原病内科臨床教授 張田  豊東京大学医学部小児科准教授 伊藤 祥子自治医科大学附属病院血液科臨床助教 神田 善伸自治医科大学附属業印血液科教授・自治医科大学附属さいたま医療センター兼任 保田 晋助東京医科歯科大学膠原病・リウマチ内科教授 森  雅亮東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科生涯免疫難病学講座教授 井田 弘明久留米大学医学部呼吸器・神経・膠原病内科教授 黨  康夫国際医療福祉大学医学部呼吸器内科学教授 藤枝 重治福井大学学術研究院医学系部門耳鼻咽喉科・頭頸部外科学教授 岸本  泉関西医科大学皮膚科学助教 神戸 直智京都大学大学院医学研究科皮膚科学特定准教授 廣瀬 晃一国際医療福祉大学医学部リウマチ・膠原病内科主任教授 駒井 俊彦東京大学医学部附属病院アレルギー・リウマチ内科助教 中溝  聡京都大学大学院医学研究科皮膚科学助教 椛島 健治京都大学大学院医学研究科皮膚科学教授 中込 一之埼玉医科大学呼吸器内科・アレルギーセンター准教授 中野 和久川崎医科大学リウマチ・膠原病学特任教授
  • ISBN 978-4910396101
  • 発行年月2021年4月
  • 価格5,600円+税
  • ページ数278頁

抗体製剤を中心とする生物学的製剤は、その標的特異性による高い有効性と安全性により,多くの免疫介在性疾患の治療の中心となっている。特に各生物学的製剤の疾患ごとの臨床試験における有効性は,病態に関与する経路の最終的なエビデンスとして,病態解明にも重要である。従来,日本では基礎免疫学研究が盛んであったが,免疫異常による疾患を研究する臨床免疫学も,多くの日本発のエビデンスが生まれる領域に進展している。

生物学的製剤の興味深い点は,異なる領域の多様な臓器に関連する疾患に,同じ製剤が有効性を発揮する点である。特にTNF阻害薬は,関節リウマチ,脊椎関節炎,乾癬,炎症性腸疾患、ベーチェット病など様々な疾患において高い有効性を発揮する。実際に臨床研究では,脊椎関節炎,乾癬,炎症性腸疾患を同時に合併する症例が一定数存在することも明らかとなり、異なる臓器炎症に密接な関連があることが示された。このような事実から,特定の領域だけでなく,免疫介在性疾患全体における生物学的製剤の有効性を俯瞰することで,個々の疾患の理解がより深まることが期待される。

本書では,免疫介在性疾患を俯瞰する意味を込めて,リウマチ・膠原病内科,消化器内科,呼吸器内科,整形外科,皮膚科など,生物学的製剤を活用している様々な分野のエキスパートに解説をお願いした。いずれの疾患も,概念,疫学,診断,診療ガイドラインが主要な生物学的製剤と関連づけられつつ,大変わかりやすく解説されている。

最後に,本書のコンセプトをご教示いただき,項目の選択について様々なサジェスチョンをいただいた,元・東京大学医学部物療内科教授の宮本昭正先生に心より感謝を申し上げたい。本書が,日々免疫介在性疾患の診療に従事されている先生方のお役に立てれば幸いである。
2021年3月

藤尾圭志

目次

Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook